About 会社概要

代表あいさつ

「医療法人 明照会」は、2008年に名古屋市を中心に在宅専門医療サービスをスタートさせました。モットーは「高齢者の笑顔を目指す医療」です。

「株式会社明照会労働衛生コンサルタント事務所」は、2010年に設立し、愛知県内を中心にフットワーク軽く活動しております。産業医として、従業員の皆様に笑顔で仕事をしていただくこと。また、労働衛生や安全配慮など、企業の健康管理を全力でサポートしていくこと。そのような目的で、日々業務にあたっております。

今後も在宅医療の知見・外科医師としての経験・産業医としての知識を活かし、企業様に貢献できるよう努力していく所存です。

代表紹介

【氏名】小倉 行雄
【診療科目】外科・心療内科

【資格】
日本医師会認定産業医
日本外科学会認定医
労働衛生コンサルタント

【経歴】
私立東海学園東海高等学校 卒業
名古屋大学医学部 卒業
安城厚生病院 外科
知多市民病院 外科医長
名古屋大学医学部附属病院 小児外科
青空クリニック 院長
医療法人社団 明照会トータルサポートクリニック 理事長
株式会社明照会労働衛生コンサルタント事務所設立 代表取締役

産業医とは

  • 【50名以上の職場に必須の専門家】
    労働安全衛生法において、50名以上の事業所ではかならず産業医を選任しなければいけないことが定められています。
    事業者は、事業場の規模に応じて、以下の人数の産業医を選任し、労働者の健康管理などを行わせなければなりません。また、常時1,000人以上の労働者を使用する事業場または法定の有害業務に常時500人以上の労働者を従事させる事業場では、その事業場に「専属」の産業医を選任しなければなりません。その他の事業場においては「嘱託」でも差し支えないとされています。

    産業医の職務としては、次の4つがあります。
    (1)健康診断・面接指導などの実施および、その結果にもとづく労働者の健康を保持するための措置、作業環境の維持管理、作業の管理など、労働者の健康管理に関すること
    (2)健康教育・健康相談や、その他労働者の健康の保持増進を図るための措置に関すること
    (3)労働衛生教育に関すること
    (4)労働者の健康障害の原因調査および再発防止のための措置に関すること


    【業種ごとに異なる産業医の業務】
    産業医の業務内容は、どのような企業であるかによって異なります。製造業であれば工場の巡回を行ったり、事務職であれば温度・湿度のような職場環境に関するアドバイスをしたり、流通業ではシフト勤務者にも配慮した健康相談会を実施したり……。
    【株式会社明照会労働衛生コンサルタント事務所】では、業種を問わずベストな産業医サービスをご提供できるよう、幅広い業務に対応しております。

    【労働衛生コンサルタントと産業医の違い】
    当社には産業医とあわせて「労働衛生コンサルタント」が在籍しております。この資格は、労働安全衛生法第81条にもとづいて設定されている、高度47試験に合格して登録されているプロフェッショナルです。労働者の衛生の水準向上を図るため、事業場の衛生についての診断および指導を行うことができます。
    産業医同様、守秘義務がありますので、お話しいただいた内容を第三者に漏らすようなことは決してございません。安心してどんなことでもご相談いただけます。

  • 産業医の近年の動向
    2019年4月1日の法改正により、産業医・産業保健機能の強化が求められています(詳しくはこちらもご参照ください)。
    これに伴い、当社にも産業医業務の依頼が増加しております。また、すでにご契約いただいているお客様からも「健康経営」「産業医面談の強化」「健康講和の実施」などの依頼が増加中です。
    当社では、専門職の増員・産業医の業務内容の周知文書の配付などで、この法改正に対応しております。

会社案内

  • 社名
    株式会社明照会労働衛生コンサルタント事務所
  • 住所
    〒461-0004
    愛知県名古屋市東区葵2-3-15
    ふぁみ~ゆ葵ビル3F
  • 電話番号
    052-325-7457
    (受付 平日9:00~18:00)

  • FAX番号
    052-325-7456
  • 設立
    2010年
  • 代表
    小倉 行雄
  • 事業内容
    ・産業医(嘱託)
    ・労働衛生に関するコンサルティング
    ・講演会
    ・インフルエンザの集団予防接種